1. お見積もり
    2. 買取フォームの利用方法
    3. OFFICE
    1. 出張買取
    2. 宅配買取
    1. ブランド一覧
    2. デザイナー一覧
    3. カテゴリー別のリスト

Eric Pfieffer(エリック・ファイファー)

アメリカ・サンフランシスコで活躍するデザイナー、エリック・ファイファー。1997年の「Eames and Beyond(イームズとそのかなたに)」展で脚光を浴び、作品の4点がサンフランシスコ近代美術館の永久コレクションになっています。offi(オフィー)社で数々の名作デザインを生み出し、特徴に挙げられる曲げ木の技術によって直線と曲線で表現された「Scando Table(スキャンドゥーテーブル)」、同じく美しい曲線の「Mag Table(マグテーブル)」。Wに見立てた波のようなシルエットで、見た目だけではなく利便性に富んだマガジンラック「Magazine Stand(マガジンスタンド)」など、プライウッドを用いたユニークなインテリアや収納雑貨を発表しています。2005年には独立して「Pfeiffer Lab」を立ち上げ、その才能を様々な分野で発揮しています。名だたる企業をクライアントに持ち、日本でもGAPの内装デザインを手掛けています。近年ではEvernote社とのコラボレーションによる「Pfeiffer Collection」で話題を呼び、小物を整理するための収納トレイ、ノートパソコンを置くラップトップ用スタンドやタブレット用スタンドなど、収納にも適したデスク用品で評判を得ています。機能性を兼ね備えたエリック・ファイファーの作品は世界中にファンが多く、絶大な支持を受けています。


ニーズに合わせた買取・査定方法をご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。
買取方法をお選びください
エリック・ファイファーの家具買取
about

↓買取実績の一例↓
実績のリスト

↓ブランド家具の買取強化中です↓
ブランド家具リスト